ちいきの、こえが、みえるサイトチイコミ

検索 メニュー

【第13回】食べたがり編集部のふるさと乙なモノ―茨城県『干し芋』

茨城県は、干し芋の生産量日本一 中でも、鹿島灘からの潮風を受けるひたちなか市・東海村・那珂市エリアは、県内随一の産地。 3市村では「ほしいも協議会」を設立し、衛生的な生産工程を促進する「三ツ星生産者認定」や、その年の出来 […]

公開日:2021/01/30 552 view

茨城県は、干し芋の生産量日本一

中でも、鹿島灘からの潮風を受けるひたちなか市・東海村・那珂市エリアは、県内随一の産地。

3市村では「ほしいも協議会」を設立し、衛生的な生産工程を促進する「三ツ星生産者認定」や、その年の出来栄えを味・見た目・食感について審査する「品評会」を開催するなど、日本一の産地として品質の保持・向上に力を入れています。

干し芋(べにはるか・平干し)

昨年の品評会で「べにはるか」の部銅賞を受賞した永井農業は、ひたちなか市で100年以上続く生産農家

6代目の永井祐一さんは、「収穫後に貯蔵することで糖化させたサツマイモを、蒸し、皮をむき、乾燥させます。

無添加の食品だからこそ、徹底した土壌作りと糖度管理が味の生命線。

その年の気温に応じて寒風にさらす時期を決め、糖度計を使用して糖度を確認するなど安定したおいしさを追求しています。

柔らかく、ねっとりとした甘さが特徴。

焼かずに、そのままお召し上がりください」と。

購入は同社HPからネット注文可
(べにはるか・平干し・150g350円から)。

生産のピークは2月頃まで。

スライスしない「丸干し」タイプも人気です。

永井農業
電話/080-8876-8839

茨城県出身の有名人
石井竜也(ミュージシャン)
永作博美(俳優)
渡辺直美(芸人)

トップに戻る